Be flexible. Healthy body of young sportswoman wearing fitness leggings holding right leg posing against grey background

ファッションをデザイン

Athleisure(アスレジャー)って聞いたことありますか?

Athleisure(アスレジャー)は日本であり?なし?

海外ではよく見かけるスタイル。これは日本で受け入れられるのでしょうか?

1.  Athleisure(アスレジャー)って何?
2.  Athleisure(アスレジャー)の代表的な着こなし
3. トレーナー視点!アスレジャーを着こなすために必要なポイント


1.   Athleisure(アスレジャー)って何?


あなたはAthleisure(アスレジャー)って聞いたことありますか?

Athletics(アスレティック)とLeisure(レジャー)を組み合わせた英語の造語です。

2015年ごろからアメリカで多く使われるようになりました。

アスレジャーはワークアウトや他のエクササイズのためにデザインされた機能的なウエアを、ワークアウト等のカラダを動かす場面以外で着用するものです。

いくつか説がありますが、アスレジャーの流行はヨガパンツを履いていた女性たちから始まったという話があります。

代表的なブランドはルルレモン・アスレティカ(lululemon athletica)です。

こちらのブランドはカナダ発祥でアスレジャーの流行を作ったのもルルレモン・アスレティカ(lululemon athletica)とも言われています。

ルルレモン・アスレティカ(lululemon athletica)のサイト(英語です)

個人的にはルルレモンのウエアが一番好きです。

アスレジャーブームは近年、スポーツウエアブランドだけでなく、シャネルなどの高級ブランドもアスレジャー要素を取り入れてきています。

参照:http://www.d-laboweb.jp/special/sp409/  http://edmmaxx.com/news/7713

 


2.  Athleisure(アスレジャー)の代表的な着こなし


72c47060e0a22e858629a0fb515ad7b2

出典:pintarest  Gigi Hadid
https://jp.pinterest.com/pin/259027416046067885/より

ヴィクシーモデルのジジ・ハディッド。黒のロングスパッツにぴったりしたトップス(ブラトップかな?)、スニーカーにさらっと羽織ったトップス。

このスタイルは短めトップスがポイントですね。

2016年の夏に流行りましたね。

こんな感じが「アスレジャー」って聞いて一番に思い浮かべるスタイルです。

de90d2d1857a3cd8bf5d93b62039ed67

出典:pinterest  https://jp.pinterest.com/pin/75364993741884330/より

こんな感じでパーカーとジョガーパンツ的なものを普通のコートに合わせるのも素敵。

こんなスタイルなら日本で普通にカフェに入ってもなんの違和感もないですね。

_1_image_size_372_x

高田佳代子/「オー」デザイナー photo : Yoko Yamashita
出典:http://www.elle.co.jp/fashion/snap/new/tokyo16_0301

こちらはロングスパッツやスニーカーのアスレティック要素高めのアイテムにレザーのライダース、サングラス、ジバンシィのバッグを合わせたスタイル。

アクセサリーは存在感のあるものですね。

こんなスタイルだったらちょっとおしゃれなお店にご飯を食べに行けそう。

街中で車の運転とか自転車に乗るのもかっこいいですよね。

写真を見ていただいたらわかるように、アスレジャーって中学校の時の緑ジャージ上下じゃできなんですよね(笑)

ダルダルで名前なんて書いてあるんじゃ格好悪い(笑)

お洋服はカラダが綺麗に見えてなんぼ、自分を表現できてなんぼです。

この辺りでお気づきかもしれませんが、アスレジャーって実は体型カバーしにくいアイテムがたくさんなんです。

トレーニングウエアだから動きやすく、伸縮性の高いものが多い。

つまり、カラダの形を拾いやすい。
(硬い素材のデニムは足の形がわかりにくいけど、ピタピタスキニーは足の形丸見えなんて経験あなたもありますよね?そんな感じ)

次はそんなアスレジャーをかっこよく着こなすために必要なポイントについて、トレーナー的視点から書きます。


3. トレーナー視点!アスレジャーを着こなすために必要なポイント


 

さて、私はよくうちに来てくださる方に「自分の好きな体型になったあなたのカラダは、どんなに高いものより最高のアクセサリーです」とお伝えしています。

そう!つまりアスレジャーを素敵に来こなすためには自分で自信が持てるカラダが必要なんです。

前述の写真に載せたようなピタピタスパッツや、ショートトップス。

これをいきなり日本の街中で着こなすのは勇気がいるかもしれません。

なぜならショートトップスはお腹も丸見えだし、スパッツは伸縮性が高いから脚の形も丸見え、ついでにひらひらの袖なんてついてるトレーニングウエアなんてないから腕もカバーできない。

となると、アブクラックス(縦線)の入ったお腹、丸く上がったお尻に、変なところに脂肪のついていない脚、引き締まった二の腕が欲しいところですよね。

もちろん、「カラダができてからアスレジャー的なお洋服を着る!」でも構わないのですが、「まずは着てみる!」というのも一つの手です。

なぜかというと人目にさらされると、否が応でも意識するからです。

緊張感が生まれますよね。

スパッツは緊張感を産むのにとても良いですよ〜。

脚の形が丸見えですから。

まずは、スキニー感覚で履ける黒スパッツが一番取り入れやすいのでトライしましょう。

そうして、ご自身の脚と向き合ってください。

人目に晒して見てください。

そこで他の人から褒めてもらえるようになると自信がついてきます。

最近はファストファッションのブランドもトレーニングウエアのラインを出してきていますので、あなたも気軽にトライしてみてください。

まずは黒スパッツから!

アブクラックス(縦線)の入ったお腹

丸く上がったお尻

変なところに脂肪のついていない脚

引き締まった二の腕

の作り方が気になった方は、体験トレーニング&カウンセリングにお申し込みいただくかメルマガに登録してみてください。

それでは今日も良い一日を。

LINE@ではセミナーの先行予約情報などを配信しています、お友達登録していただけると嬉しいです!

友だち追加

送信の内容はこれでよろしいですか?
このフィールドは空のままにしてください。

ライフデザイントレーニングプログラムに関するお問い合わせはこちら。

関連記事

  1. perfect shaped woman wearing skinny jeans in a dark room

    ファッションをデザイン

    流行りのワイドパンツは体型カバーできないってホント?!

    キレイなカラダが一番のアクセサリーです通販番組の「体型カバーで…

  2. 数字 123

    ファッションをデザイン

    今年こそ!オフショルダートップスを着るために今からやっておくべき3つのこと

    今年もすでにオフショルダーのトップスが店頭に並び始めました!コート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加

送信の内容はこれでよろしいですか?
このフィールドは空のままにしてください。

おすすめの記事

  1. IMG_3225
  2. メジャーでウエストをはかる女性
  3. IMG_2742
  4. Atmospheric outdoors fashion portrait of beautiful blonde in car on the beach
  5. Two homemade burgers on a wooden cutting board, top view. Flat lay

最近の記事

  1. 【ブックレビュー】やせる#ほめぐせ
  2. 【お客様の声&写真】細くしたい部分だけきっちり引きしまる快感…
  3. お家をちょっと公開(Aya’sライフデザイン)
  4. ステキなお店のご紹介③「立ち喰い焼肉 治郎丸@中目黒」「レッ…
  5. 「猫背とストレートネック」ジェフ・マリー氏のオーストラリアン…
  1. Grilled ribeye beef steak, herbs and spices. Top view with copy space for your text

    フードをデザイン

    キラキラ女子には必須!美味しいサラダと赤身肉のお店@恵比寿「GREENBOWL」…
  2. Two homemade burgers on a wooden cutting board, top view. Flat lay

    フードをデザイン

    誘惑がいっぱい!お正月前に知っておきたい自分でできる食事の管理方法(前編)
  3. schöne Frau im Sonnenuntergang

    ココロをデザイン

    【ブックレビュー】やせる#ほめぐせ
  4. Concept of dieting, counting calories: a plate of healthy food (whole grain pasta with vegetables); dumbbells and weights on them, notes for doing a food diary

    Aya's ライフデザイン

    コメを炊くために5時に帰りたい男子と48kgの男子(Aya’sライフ…
  5. Scissors cut the inscription "I can't" on paper. On a wooden background.Top view. Flat lay.

    お客様の声

    40歳過ぎた私でも変わりました!【お客様の声】
PAGE TOP