Two homemade burgers on a wooden cutting board, top view. Flat lay

フードをデザイン

誘惑がいっぱい!お正月前に知っておきたい自分でできる食事の管理方法(前編)

これさえ押さえておけばお正月やクリスマスのご馳走の誘惑にも負けない簡単3ステップ

あなたが美味しいものの誘惑だらけのクリスマスやお正月をなんとなーく過ごしてお正月明けに「ヤバイっ!」とならないための3ステップです。

1.あなたの食事を2つに分ける大切な考え方-日常食と非日常食-(前編)
2.食事が負のスパイラルに入ると大変な理由(前編)
3.ストレスなく自分で負のスパイラルから脱出できるようになる方法(後編)


1.あなたの食事を2つに分ける大切な考え方-日常食と非日常食-


ステップ1。

「日常食と非日常食」について書きます。

あまり聞き慣れない言葉ですよね。

私は柏原ゆきよさんという管理栄養士さんが書かれた「10日間で人生が変わる食べ方」という本で初めて目にしました。

本の勝手にレビューはこちら

本は「10日間で人生が変わる食べ方」

では、質問です。

あなたにとっての「日常食」ってなんでしょう?

ハンバーガー?

コンビニのおにぎり?

それともサッと食べられる牛丼?

街の中華料理屋さんの定食?

駅近くにあるチェーン店のラーメンとチャーハン?

日常食は「栄養バランスを考えて自分で作る食事」です。

自分で作ったものであれば中身がわかります。

栄養バランスを考えて中身を変えることができます。

では、日常食が「自分で栄養バランスを考えて作る食事」となると、非日常食はなんでしょう?

非日常食は「外食」や「中食」(家庭外で調理された出来合いのお惣菜などを買ってきたり、配達してもらって食べること)です。

または、自炊であったとしても普段は栄養バランス的に食べないもの(例えばシチューやあんかけチャーハンなど)です。

これからの時期だとお正月料理屋クリスマスパーティーの料理なんかも「非日常食」ですね。

「日常食」と「非日常食」をしっかり分けて考えることが1つ目のステップです。

 


2.食事が負のスパイラルに入ると大変な理由


「日常食」と「非日常食」を分けて考えられる様になったあなた。

さぁ、次はステップ2です。

それは行ったきりじゃなくて戻ってくること。

これだけです!

何から戻ってくる?

どこから戻ってくる?

それは、「非日常食」というあま〜いおいし〜いところから、「日常食」に戻ってこられることが大切なのです。

あなたが、どこか海外旅行に行ったとしましょう。

楽しくて、ご飯も美味しくていつも食べないものを食べたり、たくさんの量を食べたとしましょう。

「旅先でのご飯もコントロールして!」と私は言いません。

それは、非日常なので思いっきり楽しめばいいと思います。

で、旅行の最終日ふと鏡を見たらいつもとは違う自分がいました。

その時に皆さんはどうしますか??

「もうお腹が出てきちゃったし…」

「また元の生活にもどすのしんどいし…」

と帰国してからも、海外で食べていたようなピザやハンバーガーをそのまま食べ続けますか?

それとも、帰国してからは気持ちを切り替えていつもの生活リズム、いつもの食事、いつものトレーニングに戻しますか?

(もちろん、旅行中には、体型を戻すのが大変にならないくらいにとどめておく必要はありますよ)

ここでどちらを選ぶかが重要です。

ごく当たり前のことを言っていますが、これを自分の意思でコントロールできるかどうか?

ここで戻らないと、そのあと体型を戻すのが大変になってしまう。

そうすると…..

元の生活や体型に戻すのは大変で、気持ちが折れる。

気持ちが折れると、体型は変わらないからやる気が失せる。

体型は変わらない。

変わらないから落ち込む。

やる気起きない。

やる気が起きないから何もやらない

負のスパイラルに入ってしまう…..ということになりかねません。

そうなってしまう前に、早めに手を打った方が楽ですよ〜ということです。

クリスマスや、お正月の様に「非日常食」が続いて少しくらいブレたとしても「日常食」に戻ってこられる自分がいれば大丈夫なんです。

戻ってこられる自分がいれば自信がつきます。

私は、早めに自分自身で気づきを持てるように毎日鏡でカラダを見ます。

カラダは毎日違いますよ。

サイズもですが、中身も違います。

自分のカラダをみてください。

そうすれば早めに変化に気づくことができます。

さて、ここであなたから「鏡を毎日見ても自分で日常食に戻ってこられないから苦労してるんじゃ〜ん」という声が聞こえてきそうですので、後編ではそれについて書きます。

 

LINE@ではセミナーの先行予約情報などを配信しています、お友達登録していただけると嬉しいです!

友だち追加

送信の内容はこれでよろしいですか?
このフィールドは空のままにしてください。

ライフデザイントレーニングプログラムに関するお問い合わせはこちら。

関連記事

  1. Two homemade burgers on a wooden cutting board, top view. Flat lay

    フードをデザイン

    現代人の女性は栄養失調?!

    戦後の日本人と今の女性たちの摂取カロリーがほぼ一緒なんです現代の日…

  2. fotolia_125446564_subscription_monthly_m

    フードをデザイン

    ステキなお店のご紹介③「立ち喰い焼肉 治郎丸@中目黒」「レッドロック@高田馬場」

    一人でも昼からお肉を思いっきり食べられるお店編ランチタイム、丼やう…

  3. fotolia_125446564_subscription_monthly_m

    フードをデザイン

    食べてはいけないものはない?!

    カロリー計算より食べ物の栄養素の方が重要です!「カラダを変える…

  4. バーニャカウダ イタリアのグルメ Bagna cauda Italian gourmet
  5. fotolia_124976319_subscription_monthly_m

    フードをデザイン

    パンとご飯ならどっちを選ぶ?

    どちらを選ぶか迷った時の3つのポイント食事の時、もしあなたの目…

  6. raclette party with cheese and bacon

    フードをデザイン

    誘惑がいっぱい!お正月前に知っておきたい自分でできる食事の管理方法(後編)

    これさえ押さえておけばお正月やクリスマスのご馳走の誘惑にも負けない簡単…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加

送信の内容はこれでよろしいですか?
このフィールドは空のままにしてください。

おすすめの記事

  1. IMG_3225
  2. メジャーでウエストをはかる女性
  3. IMG_2742
  4. Atmospheric outdoors fashion portrait of beautiful blonde in car on the beach
  5. Two homemade burgers on a wooden cutting board, top view. Flat lay

最近の記事

  1. 【ブックレビュー】やせる#ほめぐせ
  2. 【お客様の声&写真】細くしたい部分だけきっちり引きしまる快感…
  3. お家をちょっと公開(Aya’sライフデザイン)
  4. ステキなお店のご紹介③「立ち喰い焼肉 治郎丸@中目黒」「レッ…
  5. 「猫背とストレートネック」ジェフ・マリー氏のオーストラリアン…
  1. schöne Frau im Sonnenuntergang

    ココロをデザイン

    【ブックレビュー】やせる#ほめぐせ
  2. IMG_2742

    ビジネスをデザイン

    スターバックスコーヒーと気仙沼ニッティング15万円ニットの共通点は○○です
  3. Fashion accessories for women. Two ladies holding handbags. Girls wearing white trousers and black high heels.

    お客様の声

    キラキラ女子の見とれちゃうパンツ姿【お客様の声&写真】
  4. Side profile young man working on computer sitting at desk with light bulb over his head isolated on gray wall background.

    ビジネスをデザイン

    「猫背とストレートネック」ジェフ・マリー氏のオーストラリアン徒手療法セミナー
  5. Concept of dieting, counting calories: a plate of healthy food (whole grain pasta with vegetables); dumbbells and weights on them, notes for doing a food diary

    Aya's ライフデザイン

    コメを炊くために5時に帰りたい男子と48kgの男子(Aya’sライフ…
PAGE TOP