PROFILE

ライフデザイントレーナー 鍵森綾

私には高校生からの夢がありました。それは「アスレティックトレーナーとしてスポーツの現場で働く」というものでした。アスレティックトレーナーとはスポーツ選手のリハビリをメインに行う仕事です。

高校3年生の時、私には強豪校のバレーボール部員である親友がいました。彼女は、試合に向けて毎日一生懸命練習をしていましたが、試合の直前に怪我をして出場できなくなってしまいました。とても落ち込んでいる彼女を目の前にして、何もできない自分を悔しく思い「彼女と同じ思いをするスポーツ選手を一人でも減らす」と心に決めました。私は、そのためには何を勉強したら良いか調べ、アスレティックトレーナーという仕事があることを知り、その仕事を志しました。その後、資格にも合格し、ラグビーのトップリーグのチームで働くという夢を叶え、アスレティックトレーナーとして大変充実した仕事をしていました。

しかし、その夢であった仕事が原因で、心療内科のドクターには「うつ病」という診断名をつけられました。そして、2度も引きこもり生活を経験したのです。理由は「周りに助けを求められず一人で抱え込んでしまう自分」そして「自身が評価する自分の能力と周りの過大評価の食い違い」で自分を責め続けたことでした。引きこもり生活は、何気なくみていたテレビの「腰痛特集」を目にしただけで動悸が激しくなり、過呼吸になってしまうという精神状態でした。そして、いつ襲ってくるかわからない恐怖との戦いが半年以上続きました。最終的には「仕事ができない自分なんて生きている必要性がわからない」という考えにまでなってしまい、またいつか自分の力で立ち上がれる日がくるなんて想像もできませんでした。

そんな経験をしたため「もうアスレティックトレーナーとしては仕事ができない」と思っていました。しかし、生活をしていかなければならないのでアスレティックトレーナーとは全く関係のない花屋さんや、普通のOL生活も経験しました。そして、他の仕事をしてみて改めて気づいたのです。心を病むきっかけとなったアスレティックトレーナーの仕事でしたが、その仕事が私をキラキラさせてくれていたということに。

私は、自分がキラキラできることを探し、OL生活の副業として一般の方を対象とするパーソナルトレーナーの仕事をはじめてみました。最初のうちは「また前のようにならないかな?」と恐る恐る仕事をしていましたが、私の不安を吹き飛ばすくらい「変わりたい女性の多さ」に驚きました。そして、その女性達は「女性らしい魅せるカラダづくり」を望んでいることに気づき、そこに対して私ができることがあると確信しました。

また、私自身がこれまで勉強してきた「アスリートのリハビリや機能改善」とは方向性の違う「女性の魅せるカラダづくり」にはまり、トレーニング方法を変えると自分も体脂脂肪率−8%体重−8Kgと体型が一気に変わりました。そうすると周りの人から誉められるようになり、さらには私のセッションを受けてくださるお客様もどんどん笑顔になられました。そうすると次第に自分に自信がついていきました。あれだけ自分を責めていた私が自分を信じて「自信」を持てるようになってきたのです。

自信がついて副業が楽しくなってくると同時に、当時働いていたジムのトレーニングセッションでは「お客様と一人一人としっかり向き合えないし、女性を担当したいのに男性も担当しないといけない」という葛藤が湧いてきました。また、自身の経験からも「女性達はカラダを変えたいと思っているが、ココロを変えなければ本質的な変化はない」と感じ、「ココロとカラダは繋がっている」ということをより掘り下げてお伝えしたいと思い始めました。

その頃、偶然にもそれまで続けていたOL生活をやめるきっかけがあり、そのタイミングで女性専門パーソナルトレーナーとして独立しました。独立から約1年。目の前だけを見て突き進んできました。最初のこの1年間は、過去の引きこもり生活をした自分と向き合い直してみたり、たくさんのお客様の笑顔を見せていただき幸せを感じたり、家族の大切さを改めて身にしみて感じたり、応援してくださる多くの方とご縁をいただいたり…10年間分くらいの経験をしました。

このような経験を通して、世界中の一人でも多くの女性が「自分に自信を持ち、顔を上げて本当の笑顔で歩ける社会」をつくると決めました。そして、私のこの思いを現実にする為に「女性のためのキラキラしたライフスタイルを手に入れるココロとカラダの作り方−ライフデザイントレーニング−」をつくりました。このプログラムは「変わりたい女性」が、溢れかえる情報に惑わされてまわり道をしなくて済むようにデザインされています。もしあなたが「自分に自信がない」「自分の体型が嫌い」「心からの笑顔で笑えない」と悩んでおられるであれば、一度私にお話を聞かせてくれませんか?あなたとお逢いできることをとても楽しみしています。

【鍵森綾】
ライフデザイントレーナー/アスレティックトレーナー
女性専門パーソナルトレーニングジムwillworkoutオーナー/代表トレーナー

【資格】
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者
保健学修士

【指導歴】
大学、企業など、約10年、30チーム以上で様々なアスリートを怪我から競技復帰に導き、述べ15,000時間以上アスリートや女性のカラダに携わってきた実績を持つ。

友だち追加

送信の内容はこれでよろしいですか?
このフィールドは空のままにしてください。

最近の記事

  1. schöne Frau im Sonnenuntergang
  2. Fashion accessories for women. Two ladies holding handbags. Girls wearing white trousers and black high heels.
  3. Concept of harmony and balance between work and family
  4. fotolia_125446564_subscription_monthly_m
  5. Side profile young man working on computer sitting at desk with light bulb over his head isolated on gray wall background.

最近の記事

  1. 【ブックレビュー】やせる#ほめぐせ
  2. 【お客様の声&写真】細くしたい部分だけきっちり引きしまる快感…
  3. お家をちょっと公開(Aya’sライフデザイン)
  4. ステキなお店のご紹介③「立ち喰い焼肉 治郎丸@中目黒」「レッ…
  5. 「猫背とストレートネック」ジェフ・マリー氏のオーストラリアン…
  1. Girls lying on the bed and showing beautiful legs with high heel shoes

    カラダをデザイン

    ピラティス&ダビンチボードを体験してみた@大泉学園 P-body
  2. 4088934843-cell-phone-791365_1920-YEmA-640x426-MM-100

    カラダをデザイン

    スマホ首にならないために知っておきたい3つのポイント
  3. Be flexible. Healthy body of young sportswoman wearing fitness leggings holding right leg posing against grey background

    ファッションをデザイン

    Athleisure(アスレジャー)って聞いたことありますか?
  4. schöne Frau im Sonnenuntergang

    ココロをデザイン

    なぜ女性がトレーニングをすると世界平和につながるのか。
  5. IMG_3225

    ビジネスをデザイン

    目黒駅前のネイルサロンで気づいた大切なこと
PAGE TOP